睡眠サプリと常用薬との併用は大丈夫?

睡眠サプリは睡眠をサポートする栄養補助食品

不眠や中途覚醒など睡眠の悩みを改善してくれる睡眠サプリメントが注目されています。サプリメントとは医薬品ではなく栄養補助食品と呼ばれており食品に分類されています。ドラッグストアやインターネットショップなどで簡単に入手することができますが、他の薬との飲み合わせなどの問題は無いのでしょうか。まず睡眠サプリとは良質な睡眠をサポートするものであり睡眠導入剤のようなメカニズムはありません。そのため強力に作用することや即効性もありません。使われている成分も医薬品とは異なり天然ハーブやミネラル、ビタミンなどで食品に含まれている栄養素がほとんどです。継続して摂取することでゆるやかに睡眠の質を高めるサポートをしていきます。

睡眠サプリの注意点は?持病や常用薬がある人は医師に確認を!

このような特徴がある睡眠サプリですが、摂取するときの注意点もあります。サプリメントは基本的に飲み合わせなどの問題はないのですが例外もあり、成分の同じサプリメントを何種類も摂取することはよくありません。睡眠サプリにはよくビタミンが含まれていますが、他のサプリメントでもビタミンを摂取していると過剰摂取になり体調不良を引き起こします。自分の飲んでいるサプリメントの成分はよく確認するようにしましょう。また睡眠導入剤を既に飲んでいる人やホルモン剤を常用している人は睡眠サプリを飲んでも良いか必ず医師に聞いてください。成分の含有量にもよりますが、大豆イソフラボンなどが含まれている場合成分同士で影響しあい薬の効果を強めたり、弱めたりすることがあります。睡眠サプリは気軽に試すことができますが、持病や常用薬がある場合は万が一が無いように医師への確認をしてから安全に使用し良質な睡眠を手に入れましょう。

睡眠不足が続くことで溜まる睡眠負債は、免疫力の低下などの体への影響だけでなく自律神経の乱れをはじめとした精神的不調を引き起こす原因にもなります。