睡眠サプリの効果を半減させるNG行動

睡眠サプリを飲むタイミングって?

質の良い睡眠をサポートしてくれる睡眠サプリ。睡眠サプリは栄養補助食品なので細かくいつ摂取すべき、というルールがありませんが、よりサプリを効果的に実感するためにはいくつかの方法があります。知らずにいると睡眠サプリの効果を半減させてしまうかも。まずは、睡眠サプリを飲むタイミングを知りましょう。まず、GABAなどの配合されたリラックス系の睡眠サプリは、就寝の1~2時間前に飲みましょう。脳の興奮を抑え、自律神経を整えることでリラックスさえる効果が得られます。トリプトファン配合の睡眠サプリは朝食の2~3時間後の空腹時の摂取がが最も効果的とされます。午前中の摂取で昼は活発に、夜は質の良い睡眠効果を得ることができるからです。休息アミノ酸として有名なグリシン配合のものは就寝の30分前に摂取すると、身体の火照りなどを抑え質の良い睡眠を得られます。

睡眠サプリにNGな飲み物は?

せっかく、睡眠サプリを飲むタイミングを理解しても、睡眠サプリと相性の悪い飲み物で摂取してしまってはもったいないです。睡眠サプリと相性の悪い飲み物は、カフェインとアルコールです。カフェインと言えば、コーヒーを思い浮かべると思いますが、紅茶やココア、エナジードリンク類も要注意です。カフェインは脳を覚醒させる効果があるので睡眠サプリの効果を阻害してしまうのです。また、アルコール飲料には睡眠を促す効果もあるのですが、浅い睡眠で眠っている途中で覚醒させてしまうこともしばしば。就寝前のアルコールはほどほどにしておきましょう。最も効果的な飲み物は水かぬるま湯。シンプルですがこれが最大の効果を発揮します。睡眠サプリを使用して質のよい睡眠を得るために、ほんの少しのタイミングの調整とNG行動を把握しておくことで効果はしっかり実感できます。ぐっすり眠って気持ちの良い朝を迎えましょう。