睡眠サプリってどんな成分が入っているの?

ハーブの一種である成分

睡眠サプリの成分としてまず取り上げたいのが、ハーブの一種であるセントジョーンズワートです。神経伝達物質であるセロトニンの濃度を高め、気分が明るくなる効果があります。セロトニンの濃度を高めるので、その効用でリラックス作用をもたらします。これにより興奮や不安を抑制するため、就寝前のリラックスに効果があるでしょう。ただし、他の薬の効果を弱める可能性があるので、飲み合わせには注意が必要です。もう一つ、ハーブの一種である成分として入っているのがバレリアンです。ヨーロッパでは鎮痛剤として昔から使われている成分になります。ストレス緩和や不眠の解消などに効果的です。不安を和らげる効果があるので、就寝前の緊張をほぐして安眠に導きます。

その他の成分にも効果がある

ハーブ以外の成分として、睡眠サプリにはグリシンが入っていることがあります。グリシンを就寝前に摂取すると、不眠気味の人でもすっきり起きられるようになります。これはグリシンが脳の体内時計や睡眠リズムの調整に働きかけるためです。寝ても疲れが取れないという人にはグリシンが効果的でしょう。他にカルシウムも成分として入っています。不眠への直接的な効果はありませんが、イライラを抑えて心を落ち着かせることが睡眠のサポートに役立つでしょう。もう一つ睡眠サプリに入っている成分としては、ビタミンB群があります。ビタミンB群も直接不眠とは関係ありませんが、精神の安定や疲労回復に期待できます。アミノ酸やメラトニンの効率的な生成を助けるビタミンB群は、良質な睡眠の土台作りに欠かせない働きがあるのです。